【VR】VR長尺 義母ほのか 華奢なカラダにGカップ巨乳、ミニスカートで家事をしている義母さんがエロすぎて性的な目で見てしまう…

「【VR】VR長尺 義母ほのか 華奢なカラダにGカップ巨乳、ミニスカートで家事をしている義母さんがエロすぎて性的な目で見てしまう…」の本編動画はこちらから

女優名: 三原ほのか

フルボリューム!

(^-^ゞ見たほうが、良いです。

密着系大好きな自分は、超お勧めします。

いろいろなシュチュエーションが入ってます。

画質も綺麗な部類です。

最高のvr

たくさんの三原ほのかのVR映画を買った、この作品は一番最高。

三原さんの最高の体をきれいにみえます。

おすすめです。

素晴らしいVRの最高傑作!

さすが、溜池ゴロー監督!美しい巨乳のお母さんが、洗濯物干しや床の掃除などをしている、ものすごくエロい姿を、あらゆる方向から見つめる様子が見事に描かれている。

「義父を愛して」のシリーズは大好きで、通常版で何本か見たが、それをVRの超主観リアル映像で見ることができる‥それだけで最高に嬉しい。

ケーキを食べるときの、指を舐め乳房を揉む妄想で、汗の浮いた胸がとってもリアルでこれからのどうなっていくのかを考えるだけで興奮が高まる。

仏壇の前、そして風呂場でのオナニーも見とれてしまう。

友達を家に呼んで、自分の見ている前で「ごめんね」と言いながら、フェラをする場面も実によく出来たNTRで、嫉妬心を掻き立てられる。

ただ、せっかく顔射でフィニッシュさせてくれているのに、精子の量不足で、顔に飛び散らないのが残念‥‥「お母さん寝室で待っているから‥」そして、ついに、フェラから後背位、この時だけ距離感が遠いが、その後の対面座位の密着感は左右の耳への甘いささやきと相まって、もう完全にイッてしまった。

最後のパート6(!)では騎乗位。

お母さんが覆いかぶさってきて、喘ぎながら動くときの興奮度も凄まじいものがある。

最後に手こきでもう一度射精して終わりなのだが、残念なことに、正常位がない。

ぜひ、ぜひ、次回には密着した正常位を期待して、今回は満点!

あんまり

VRのため、常にこちらに接近するアングルが良くなかった。

アップにすると部分的にしか見えない。

広角にすると全体は見えるが、画像がゆがむ。

スマホのVRだからだろうか?普通のアングルを立体的な動画で見たかった。

一度見たら気が済んだ。

もうVRは見ないだろう

母性を感じる

移動視点アリの長尺になっていて、義母との淫らな関係をうまく表現しており母性を感じるエロや人妻感を味わいたい方なら間違いないです。

画質&カメラワーク最高!

当方、義母というシチュエーションが好きなわけではないですが、評価が良かったのと三原さんの別作品が良かったので買ってみました。

結果…大満足の内容でした。

とにかく画質が綺麗なのと固定カメラじゃないだけでこんなに臨場感が違うんだなと感じました。

また、顔がアップになっても2重に映るようなこともなかったです。

三原さんが若いので義母感は全くないです。

なかったのが個人的に楽しめました。

それ目的の方には物足りなさがあるかも知れません。

画質とカメラワークが良かったので絡み以外のシーンでも興奮度が他の作品とは違いました!義母以外のシチュエーションの作品も見たくなりました!

前作と比較されてしまうのは辛いところ

二階堂ゆりさんの前作と比較されてしまうのは仕方ないのかもでも、監督は今回も挑戦しているし色々な角度を提供しようと工夫してくれているのでGOODですでも今回はシャワーシーンで身体をじっくり拝ませて頂くのですが前回の見せ方の方が私は好きですお尻から脚にかけて存分に見せて頂けるとありがたいですその前の仏壇の部屋というのはどうも仏壇が気になってダメでして男優との絡みも入れてくれてるのも良いと思いますエアキッスだけじゃない、リアルも見れるのはGOODです今後、女優のタイプを問わず、このフォーマットが基本になると良いですねなんせか、現実では他人の女性をじっくりイヤらしい眼でみるなんて出来ないんで、その欲求が満たされる場であるとGOODです

恋や愛が入ってしまうと背徳性が失われる

溜池監督第1弾ゆり義母に続く第2弾ほのか義母。

テーマが同じで、長々しい題名もほぼ同じで、二番煎じかなと気になりながら視聴。

第1弾で、視点移動カメラで酔うというレビューが比較的多かったせいか、この第2弾はカメラ移動が第1弾より抑えられている。

これにより、酔いやすい人も視聴しやすくなっただろう。

しかし、一番の違いは背徳性の深さだ。

ゆり義母は、恋も愛もどうでもよく、夫では全く満たされない性欲のために、義理の息子の体を求める。

ところが、ほのか義母は、恋してる、愛してると告白しながら、義理の息子にも、自分への愛や恋心を求める。

これでは、若い女の純愛の要素が全面に出てきて、背徳を背後に押し退けてしまう。

愛、恋抜きの徹底した性欲を満たすためだけの夫に対する裏切りこそが、背徳の所以ではないか。

ほのか義母でも、夫に対する背徳に加えて、義理の息子の前で彼の友人とセックスするという、私のゆり義母のレビューで書いたようなもう一つの背徳が描かれ、それが背徳度を高めているが、持ち込まれてしまった純愛的要素を覆えすには至っていない。

もちろん、背徳に純愛性があってもよいとか、純愛性があるからこそ背徳なのだと考える人もいるだろう。

しかし、私の義母ものに求めるものには、若者たちのイチャイチャラブ的要素は排除してほしいので、★3つとした。

エロじいさんの我がままか?

溜池ゴローバンザイ!

ん~起用した女優さんがちょっと若すぎかな‥やはりドロドロした熟女で綺麗な色っぽい、かつ艶っぽい女優さんでこのシリーズお願いしたい!

エロい

身体がエロ過ぎ。

透明人間みたいな視点移動が最高。

こんなエロい身体をじっくりみれるのはすごいね。

VR最高

日常的なチラリズムからドキドキでした

こんな服を着て、チラチラ見せられたら、それだけも興奮してしまう作品。

そんなドキドキ生活の中で、チャンスがあれば我慢できずにGO!となるのは当然、といった感じで楽しめました。

AV女優は、やっぱり女優だった

AVの良さってなんだろう?抜けるものなら、いろいろあるよね。

小説もあるし、漫画もありで、音声なんてものもある。

アニメやゲームも抜けるものはある。

じゃあ、AVを見るのはなんで?それは、やっぱりAV「女優」を見たいからだと思う。

スタイル、表情、声音、美人、演技、その全てに期待しているからAVを買うし、見る。

「女優」だからこそ、AVには演じる「役」がある。

一般的な女優さん(つまりAVではない)は、「役」を演じるのが上手い。

自らの演技で、「役」を引き寄せる演技力がある。

けど、AV「女優」さんは、そこまで演技が磨かれていない人が多い。

だから、「役」が「女優」を呼ぶのだと思う。

三原ほのかさんは、今回の「独り身」「さみしげ」「年上」こういった「役」にはまっていた。

どの場面を見ても、三原さんのためにあるような、「役」だった。

そして、ここがすごいところなのだけど、からみシーンに入っても、あくまでその「役」として、セックスをしているように感じた。

AV女優というのは、いうなればセックスシーンを見せるのが、本業だ。

だからだろう。

どんなに演技がいまいちでも、からみになると、突然息を吹き返したりする。

さっきまでの、大根みたいな演技はどうしたの、というほど、輝いたりする。

でもね。

そのからみは、「役」ではなく、AV「女優」さんが自分のセックスをしているだけというのが、よくある。

だから、ストーリー部分と、からみシーンが上手く繋がらなくて、違和感がある。

それはそれで、別にいい。

それがAV女優の個性だし、そこにファンは付くのだ。

けれど、この作品は違う。

「役」のなかで、セックスをしている。

そこが凄い。

監督の力と、女優さんが、この「役」になりきろうとする熱意を感じた。

しっかりとした作品になっている。

そして、もちろん、しっかりエロい。

自信をもって、お勧めします。

エロスが凄い!

これお視てもエロス感じないやつが居るのか?近寄った視点最高のエロスだーーー!最近VR始めて1月も立ってないのに購入した作品83作品にも及んでしまった、完全に中毒だーーー!まあ良いか楽しいし、友達の妄想シーンが無ければ星5個あげれましたね、皆さんもレビューを読んで購入の参考にした方が良いですね この作品買っても損しないですよ。

エロスを感じなさい!

これは!

細い体にGカップ。

カメラワークがエロくて最高です。

オナニーシーンも主観でGOOD!

最高のフェチズム満足度

ミニスカ、パンチラ、下着フェチ(白い清楚かつ生活観の残されているレベルの下着)、レッグマニア、巨乳好き、近親相姦(母子)にはたまらない作品。

オナニーシーンもあり、見ごたえは十分。

溜池監督のシリーズ継続を希望します!出たら絶対買います。

ナイスぱいぱい

三原さん、一番スタイルよくないですか?この作品の三原さんの表情がなんともいえない

全てにおいて前作を上回る出来!!まさに芸術的作品!!

今回は、前作を遥かに凌ぐものであった。

妄想シーンが、前作より多めで掃除中であったり、仏壇の前であったり、お風呂場であったりと女性の身体をじっくりと堪能できる。

しかも、今回はこちらに視線を送るシーンが多め。

今回のおススメは、何といっても友人と義母との絡み。

絡みといってもフェラチオで終わるがこの超至近距離からのフェラチオは必見!!何十年もAVを観てきた私みたいなおじさんにしかこの興奮は分からないかもしれないが、ほのかちゃんの視線といやらしい音を超至近距離から眺められるのは、最高に良かった。

前回、少なめであったクライマックスの絡みも、今回はたっぷり40分強ある。

バックあり、対面座位あり、騎乗位ありと蓄積された妄想の全てを発散させるかのような絡みは圧巻の一言に尽きる。

他の作品でも、三原ほのかちゃんを観たことがあるがこの作品は、三原ほのかちゃんの女優魂を強く感じた。

改めて、素晴らしい女優だと思った。

これは文句なしの星5つ!!この作品の良さが分からない人は、まだまだ青い!もっとAVを観なさい!余談ではあるが、他の男との絡みを観たくないという人がたまにいるが基本、AVって他の男との絡みを観るものなのでお忘れ無きよう・・・。

更なる向上を願ってやみません

起用した女優が若過ぎることもあり、感覚的にも視覚的にも深みや濃厚さが足りません。

義母がテーマなら、もう少し酸いも甘いも噛み分けた、妙齢女優をお願いしたい。

その方が、本人が背負っているものを含めて(妄想でも)エロさがより倍増するものです。

映像的な魅せ方は、さすがと思う部分は沢山あった。

固定カメラではないが比較的ゆっくり移動するので、カメラ酔いはありません。

が、シナリオ的には期待した程ではなく、普通の内容です。

この長尺ですから、溜池作品の大ファンとか視姦好きとかフェチ映像好きじゃないと、途中結構キツイかも。

総評としては、せっかくのカメラワークとVR媒体との融合だったが、キャスティングや魅せ方も含め、まだまだ工夫や研究が必要だと思う。

今後の期待も込めて今回はあえて辛目の点数にしますが、更なる向上を願ってやみません!

よし!買って損ないよ!

義母シリーズ第2弾という事で先陣を切って買ってみた!ファイルは6分割の長尺ものまず、初めに少し値段が高いけど買って損なし!履いているパンツが良かった!コレ自分の中では重要なポイント微妙な動きでも巧みに姿を変えてくれるからwそれに割れ目まで分かるどアップには興奮した!前作より若くて綺麗でエロい女優さんでした。

視点移動は前々から興味あっていくつか買ったけど、完成度がイマイチだったので、いい意味で覆してくれて感謝します。

これこそVRAVの完成形だと思います!!常に顔、胸、股間と素晴らしいカメラワークだし、ゆっくりと移動しているので酔ったとよく指摘をしている人にも納得いく撮影です。

ガン見が好きな人にはたまらないはずw今度は少しストーリーを変えてJKものの視点移動作ってくれたら絶対に買います。

残念

1から4までは、、そもそも1人称視点ではなくVRとしての楽しみは少ない。

残る5,6もせっかくの迫力ボデーが、、、迫力無。

期間購入すればよかった。

残念。

しびれる

顔が近いのがVRだと最高にシコれる!!!!!!!!!!!!!!!!!

「【VR】VR長尺 義母ほのか 華奢なカラダにGカップ巨乳、ミニスカートで家事をしている義母さんがエロすぎて性的な目で見てしまう…」の本編動画はこちらから