恋愛にまったく興味がない私…おかしいの?(後編)【恋と下半身】 (1/2)

みなさまからのお悩みやテーマに沿って、ゆるりと深夜ガールズトークをする雨宮まみとペヤンヌマキのコラボ企画「恋と下半身」。今回は31歳会社員の希実さん、恋愛にまったく興味が持てないというお悩みです。

恋愛にまったく興味がない私…おかしいの?(後編)【恋と下半身】

(c) Pressmaster – Shutterstock.com

前半は、恋愛のときめきがすべてではない、とお二人からのアドバイスがありました。後半では、人は人、自分は自分と思うことの大切さについて話が進んでいきます。

ペヤンヌ:「仕事や趣味には夢中になれるのに」って、仕事や趣味に夢中になれるだけでめちゃくちゃ幸せじゃないですか。でも、恋愛できないって悩んでるってことは、やっぱり周りがあれこれ言ってくるんだろうな~って想像しちゃいますね。「このまま年取ったらヤバイよ!」とか。

雨宮:言ってくる人いるね! 20代のときは、身近な年上の独身女性を例に挙げて「あんな風になっちゃダメだよ~」とか言われてた記憶があるんだけど、その人もいわゆる適齢期みたいなのを大幅に過ぎて結婚して出産もして、幸せに暮らしてるから、そういう外野の意見ってぜんぜんあてになんないな~って感想しかない。

ペヤンヌ:そうなんですよね。

雨宮:これを言うと元も子もないけど、別に無理して恋愛しなくてもいいんじゃないのかな…?

ペヤンヌ:私もそう思うんですよね。周りがしてるからって「しない自分がおかしいのかな?」って比べちゃってるだけで、本人にとっていまは別に必要のないものなんじゃないかと思うんですよ。

雨宮:パートナーが欲しいっていう気持ちがあるんだったら、それはそれで恋愛以外のパターンでも見つけられると思うし、急に恋愛のタイミングが来るときもあると思う。

ペヤンヌ:本当に必要としてたら、なんかそういうのって寄ってくるもんだと思うんですよ。来ないってことは、いまそんなに必要としてないってことじゃないですかね。私、ずっと自分は彼氏が欲しいとか、子どもを産みたいとかものすごく強く思ってるって思い込んでたんですけど、神社とか行ってお参りするときに何をお祈りしてるかっていうと「仕事がうまくいきますように」とか「みんなが健康でありますように」だったんですよ(笑)。

雨宮:そんなに強く欲してなかったんだ(笑)。

ペヤンヌ:自分では欲してると思ってたんですけど、じつはそうじゃなかったんですよねー。

雨宮:私は手帳に「彼氏が欲しい。恋がしたい」って書いたことあるよ(笑)。

ペヤンヌ:書いたんですか(笑)。でも、それぐらいの気持ちがないと…。

雨宮:私も、思ってはいたけど、彼氏が欲しいとか恋がしたいっていう目標って、それに向かって努力しづらくない? 「週に3人ずつ新しい人と会うぞー!」みたいなのもなんか違う気がするし。でも、ぼんやり思ってるだけでもこれまでと変わらない気がして、とりあえず手帳に書いたんだよね(笑)。

 

この記事のライター

雨宮まみ/ペヤンヌマキの最新記事

関連記事で、さらに深める。

  

最新記事

人気総合ランキング

  

Hot Word! 今、人気のキーワード

カテゴリーから探す

アナタの今晩の気分は?

アナタの恋愛状況は?

アナタの恋愛ターゲットは?

今、読みたいジャンルは?

ライターから探す

ライターに相談!

幅広いジャンルのスペシャリストのライターに今の悩みを相談してみよ!!