美女が味方につける油の摂り方・その2【子宮ビューティーメソッド8】 (1/2)

脳やホルモン、細胞膜は油でできています。油は人間にとってとても大切な栄養素です。ですが、摂り方を間違えると美と健康に悪影響を及ぼすのです。

美女が味方につける油の摂り方・その2【子宮ビューティーメソッド8】

油には、冬は常温で固まる飽和脂肪酸と冷蔵庫に入れても固まらない不飽和脂肪酸があり、更に不飽和脂肪酸には体内で生成できるオメガ9と体内で生成できない必須脂肪酸と言われるオメガ3とオメガ6があるという話を前回「その1」でしました。

注目したいのはこの2つの油、オメガ3とオメガ6のバランスについてです。そして絶対に摂りたくない油として「トランス脂肪酸」という油があります。

■神経の50%はオメガ3とオメガ6でできている
脳から出ている神経は脊椎を通って子宮へと流れています。この神経は細胞のかたまり。そして脳神経の細胞は2割がオメガ3でできているのです。女性のトライアングルは、神経で結ばれています。この神経の流れというものに着目して油を考えてみましょう。大事なのは、オメガ3もオメガ6も両方神経伝達に影響するということ。

■現代人はオメガ6を摂りすぎている
昔は魚をよく食べていたのでフィッシュオイル(オメガ3)が足りていましたが今は魚よりも揚げ物や揚げたお菓子などの方が摂取量が多く、そのほとんどがオメガ6のサラダ油や紅花油など。
美女が味方につける油の摂り方・その2【子宮ビューティーメソッド8】
画像提供:亜麻の里

このオメガ6を過剰摂取しオメガ3が足りていないと神経の伝達がうまくいかずにホルモンバランスを崩したり痛みや症状が強く出たり、体調が整いません。

 

この記事のライター

河村 直子の最新記事

関連記事で、さらに深める。

  

最新記事

人気総合ランキング

  

Hot Word! 今、人気のキーワード

カテゴリーから探す

アナタの今晩の気分は?

アナタの恋愛状況は?

アナタの恋愛ターゲットは?

今、読みたいジャンルは?

ライターから探す

ライターに相談!

幅広いジャンルのスペシャリストのライターに今の悩みを相談してみよ!!