夜の小話【9】口がひとつしかない本当の理由 (1/2)

KAI

shutterstock_75525148
(c) Shutterstock.com

「どうして口はひとつしかないんだと思う?」
「目も耳も手足も、みんなふたつずつなのにね」
「鼻は? ひとつじゃない?」
「鼻の穴がふたつあるよ」
「だよね」

「五感にまつわるものは、口以外みんなふたつあるってこと?」
「そういうこと」

「でも口がふたつもあったら気持ち悪くない?」
「たしかに」
「人類がみんな口ふたつだったらそれが普通」
「だよね」

「へそも心臓もひとつだし、大事なものはひとつなんじゃない?」
「ひとつしかないんだから、より大事にしろってこと?」
「そう、緊張感」
「一理あるかも」

shutterstock_95842330
(c) Shutterstock.com

「口の役目ってなんだっけ?」
「食べる」
「しゃべる」
「キス」
「愛する」
「…すごく大事な役目ばっかりじゃない?」
「たしかに」
「大事だし、楽しいことばっかり」
「だよね」

 

この記事のライター

KAIの最新記事

関連記事で、さらに深める。

  

最新記事

人気総合ランキング

  

Hot Word! 今、人気のキーワード

カテゴリーから探す

アナタの今晩の気分は?

アナタの恋愛状況は?

アナタの恋愛ターゲットは?

今、読みたいジャンルは?

ライターから探す

ライターに相談!

幅広いジャンルのスペシャリストのライターに今の悩みを相談してみよ!!